きれいな脚

クロトリマゾールに副作用はあるの?

きれいな脚と花

クロトリマゾールはイミダゾール系抗真菌薬で、カビや酵母といった病原菌の一つである真菌を抑える薬です。
主に足に発生する水虫やたむしといった白癬菌や、性器に現れるカンジダ菌の治療に処方されます。
その他にも口角炎、癜風、指間びらん症、皮膚カンジダ症、脂漏性皮膚炎にも用いられ、皮膚に現れる様々な真菌症に効果があるとされています。
クロトリマゾールの薬理作用には、真菌が必要とするエルゴステロールを阻害する点にあります。
真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を持っていますが、このエルゴステロールが合成できないと生きていけないとされています。
クロトリマゾールはエルゴステロールの合成を阻害することで、真菌の発育を抑制または阻止して死滅させることで殺菌的な作用を発揮します。
クロトリマゾールにはクリーム、軟膏、液剤、膣錠、トローチといったタイプがあり、症状に合わせて使用されます。
クリーム、軟膏、液剤は皮膚に現れる表在性真菌症に使用され、膣錠はカンジダに起因する膣炎、トローチは口腔カンジダによる症状に処方されます。
症状や部位にもよりますが、患部のどこにでも手軽に濡れるクリームが使いやすいですが、足のかかとなど角質化した部位では、浸透性の高い液剤が向いているとされます。
基本的には塗り薬として使用され、軽い刺激以外には特に目立った副作用はない薬ですが、体質に合わない人では薬剤アレルギー、強い刺激感、発赤、紅斑などの副作用が起こる可能性があります。
また医師に指示されたように1日に1~3回塗って治療しますが、かゆみが止まらないなどの理由で、用法用量を超えて過剰に塗布すると、皮膚のかぶれや炎症の原因となるので注意が必要です。

関連記事
サイト内検索