きれいな脚

クロトリマゾールはドラッグストアで買える?

足裏にクリームを塗る人

クロトリマゾールはカンジダ、白癬菌、たむしなどの真菌に対して効果的な薬効を示す抗真菌薬で、水虫、カンジダ症、指間びらん症、脂漏性皮膚炎などの症状に処方されます。
クロマトリゾールを使用すると、真菌の細胞膜に侵入してエルゴステロールの合成を阻害し、細胞膜を破壊することで真菌の増殖および活動を抑制して殺菌します。
クロマトリゾールを配合した市販薬は色々と販売されていて、クリームやスプレー、膣錠などの種類が第2類医薬品として用意されています。
基本的に皮膚に発症する真菌に対する治療薬であり、体内で発生した症状には効果がないものばかりです。
膣錠においては膣内にカンジダが発生して炎症を起こした場合に使用でき、内服薬として使用することはできないので注意が必要です。
またいずれの治療薬も、自分の勝手な判断で使用すると、症状を悪化させる可能性もあるため、それ以外の病気の可能性も考えて、必ず一度は病院で検査してもらう必要があります。
実際にトリコモナス膣炎や細菌性膣炎などは細菌が原因の病気で、膣内にかゆみや痛みを起こす似た症状を起こしますが、真菌とは違うため、クロトリマゾール膣錠を使用しても効果があらわれないためです。
また汗疱性湿疹といった水虫に似た症状もあるので、足に症状が出てきても安易にクロトリマゾール配合の治療薬を購入して使用することは控えるようにします。
また真菌による症状は比較的治療が長引くことが多いので、一度購入しただけで症状が完治するとは考えないほうがいいでしょう。
特に水虫は早くても数ヶ月、長引く人では1年近くかかる場合もあります。
治療薬は医師に経過を見てもらいながら、都度購入していくようにします。

関連記事