きれいな脚

家族にうつさないために水虫はクロトリマゾールで治療

足裏にクリームを塗る女性

足の指や足の裏にかゆみが出るなどのつらい症状が特徴の「水虫」は、カビの一種である白癬菌が人の皮膚に寄生して起こる病気です。
白癬菌は高温多湿の環境を好むため、靴を履いて蒸れることが多い足で繁殖しやすく、男女問わずに一日中靴を履いて仕事をしている人などに多く見られる病気となっています。
水虫には足の指の間の皮が白くふやけてむけたり、むずむずとしたかゆみがある趾間型や、足の裏や縁に強いかゆみを伴う小水疱や膿泡が出来る小水疱型、足の裏とかかとの部分の角質が厚くなって皮がむけてくるがかゆみを伴わない角質増殖型などの種類があります。
このような水虫の治療に使われる薬のひとつがクロトリマゾールで、皮膚科で水虫の治療をする時などに処方されることがある薬です。
クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬となり、真菌(カビの仲間)を殺菌する作用を持つため、白癬菌が原因で起こる水虫だけでなく、カンジダや癜風菌といった真菌が原因で起こる病気の治療にも使うことが出来ます。
クロトリマゾールには軟膏やクリーム、液剤といった種類の薬があり、症状の出ている部分に塗って使います。
クロトリマゾールの良い所は、刺激痛などの副作用が比較的少ないことですが、塗ってから赤みやかゆみがひどくなる場合は医師に相談してみると良いでしょう。
ところで、水虫は家族に感染している人がいると、他の家族にもうつりやすい病気です。
それは、原因である白癬菌が水虫にかかっている人の皮膚からはがれた角質の中にもいて、それを家族が裸足で踏み、皮膚の傷ついた部分から入り込んで繁殖するという感染の仕方が起こりやすいからです。
このような家族間の感染を防ぐには、水虫の患者さんは家族とは別のバスタオルや足拭きマット、スリッパ、爪切りを使うようにして、足から落ちた白癬菌に家族が接するリスクを減らすようにするのが効果的です。

関連記事